« 藤子・F・不二雄ミュージアム | メイン | 収穫の秋に寄せて 奥村土牛 《栗》 »

September 20, 2013

この秋、必見!竹内栖鳳展


seihou_tenrankai.jpg漸く季節も秋らしくなってまいりました。
芸術の秋(それとも食欲の秋?)の到来です。

私は先日、東京・竹橋の東京国立近代美術館で「竹内栖鳳展」を鑑賞してまいりました。栖鳳といえば、当展覧会の副題-『近代日本画の巨人』が示す通り、〈東の大観、西の栖鳳〉と並び称せられた東西屈指の巨匠として知られております。

元治元年(1864年)京都生まれの栖鳳。その画風は古来の伝統絵画の手法に埋没することなく、因習を破る創意と技法で新しい日本画を常に創造しました。その功績を讃え、昭和12年には横山大観とともに第一回の文化勲章を受章しております。

代表作、重要作等100点あまりが出品された今回の展示作品の中で、特に私が魅かれたのは、生き物や人物の一瞬の動きを捉え、対象の本質をつかみ取った幾つかの作品-動物画の≪金獅≫≪斑猫≫、人物画の≪絵になる最初≫は熟練の筆致で正に永遠の美を表出しております。本展は、10月5日より横浜美術館にて開催の「横山大観展」ともども日本画のマスターピースに触れる絶好の機会と言えるでしょう。

来年には生誕150年の記念イヤーを迎える巨匠・栖鳳。当美術商品部では以下の複製作品を取り扱っております。


seihou_kinshuzu_S620pix.jpg


seihou_kinshuzu_F400pix.jpg


竹内栖鳳 《錦秋図》

販売価格 105,000円(税込)

<仕様体裁>

◆共通仕様
原画 石橋財団 石橋美術館 所蔵
技法 彩美版(R)、シルクスクリーン手摺り
用紙 和紙
限定 300部(軸装、額装の合計)
証明 所蔵先の検印書を貼付

◆軸装仕様
画寸 天地39.8cm×左右45.1cm
軸寸 天地135.5cm×左右64.4cm
表装 三段表装
箱  柾目桐箱、タトウ付
 
◆額装仕様
画寸 天地39.5cm×左右44.7cm
額寸 天地58.0cm×左右63.2cm
重量 約3.6kg
額縁 特製木製金泥仕上げ、アクリル付(国産、ハンドメイド)


seihou_kazekaoru_F400pix.jpg


竹内栖鳳 《風かおる》

販売価格 105,000円(税込)

<仕様体裁>

原画 山種美術館 所蔵
技法 彩美版(R)、シルクスクリーン手摺り
用紙 和紙
限定 300部(在庫のみ)
証明 所蔵先の検印書を貼付
画寸 天地38.2cm×左右44.7cm
額寸 天地58.0cm×左右63.2cm
重量 約3.6kg
額縁 特製木製金泥仕上げ、アクリル付(国産、ハンドメイド)


seihou_fuji600x450pix.jpg


竹内栖鳳 《富士》

販売価格 168,000円(税込)

<仕様体裁>

技法 コロタイプ
用紙 絵絹
証明 著作件者の承認印付証明書を貼付
画寸 天地29.9cm×左右68.0cm
額寸 天地130.0cm×左右79.5cm
表装 三段表装
箱  柾目桐箱、タトウ付


※複製画「風かおる」の軸装はおかげさまで完売いたしました。秋柄の「錦秋図」は軸装・額装とも作品ございます。栖鳳の描いた「富士」の絵はあまり知られておらずとても貴重な作品です。
※彩美版は共同印刷株式会社の登録商標です。

●「竹内栖鳳展 近代日本画の巨人」は10月14日まで東京国立近代美術館にて開催。10月22日からは京都市立美術館でも開催(会期12月1日まで)。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1303

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   March 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 
ページの先頭に戻る