« アートインボックス(立体絵画)に魅せられて | メイン | 藤子・F・不二雄ミュージアム »

September 5, 2013

秋めく街


いつもブログ『美術趣味』をご覧頂きましてありがとうございます。
今年の夏は何時になく酷暑がつづき、9月に入ってからというもののスッキリしない気候でまばまだ暑く心身とも堪えました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

fujibakama.jpg耳をすますと朝夕と蝉の鳴き声から鈴虫の鳴き声に代わり、それだけでもようやく秋を感じられるようになりました。
足を止めると夏に咲いていた「ムラサキシキブ」が花を落し、美しい紫色の果実を実らせていました(写真上)。この果実、10月~11月頃まで楽しめるそうです。

nichinichisou.jpg夏から秋にかけて咲くニチニチソウ(写真下)は日本では耐寒性がなく、春播き一年草として花壇や鉢植えによく見られます。
花の色は桃、白、赤等あり、葉色との対比が美しく綺麗です。また夏の炎天下は公害に強い花と知られ、可愛らしい花を見るとなんと健気で逞しい!と感じます。


ところで「春の七草」は無病息災を願って「七草粥」として食べますが、「秋の七草」についてはご存じでしょうか。

「秋の七草」は、
 ①萩(ハギ) 
 ②尾花(オバナ)=ススキの事 
 ③葛(クズ) 
 ④撫子(ナデシコ)
 ⑤女郎花(オミナエシ) 
 ⑥藤袴(フジバカマ) 
 ⑦桔梗(キキョウ) 
と、観賞して楽しむ植物の事です。古く『万葉集』に収められた山上憶良(やまのうえのおくら)の歌に「萩の花 尾花(をばな)葛花(くずはな) なでしこ花 をみなえし また藤袴(ふぢはかま) 朝顔(あさがほ)が花」と詠まれたことに始まるそうです。ここでの「朝顔」はムクゲ説・ヒルガオ説・アサガオ説とあるそうですが、キキョウ説をとる場合が多いそうです。 これから秋の花を目にする機会がふえて来ますね。

さて今回は、尾花=ススキが背景に自然への情景が際立つ、酒井抱一「月に兎」の複製画をご紹介いたします。雅やかな風情、江戸の粋人が描く奥床しさと無垢なるものへの慈しみを感じさせます。


酒井抱一《月に兎》
販売価格 94,500円(税込)


<仕様体裁>
原画 松岡美術館所蔵
技法 彩美版(R)
用紙 特製絹本
証明 原画所蔵美術館検印入り証書を貼付
画寸 天地80cm×左右35cm
軸寸 天地172.9cm×左右51cm
表装 三段表装
箱  柾目桐箱、タトウ付


※「彩美版」は共同印刷株式会社の登録商標です

houitsu_tsukiniusagi620pix.jpg



【今日の谷根千+上野界隈】

上野・東京都美術館で「再興第98回 日本美術院展(再興院展)」東京展が開催中です。

■展覧会期: 平成25年9月1日(日)~9月16日(月・祝)

■開催時間: 9:30~17:30 (入場は16:30まで)
        ※ 最終日入場は13:30まで 閉会は14:30

■休館日: 平成25年9月2日(月)

■観覧料: 一般900円(700円)/大学生・高校生600円(400円) 
       ( )内は団体料金(10名以上)
       70歳以上の方700円
       中学生以下・障害者手帳をお持ちの方と付添(1名) 無料

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1297

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   March 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 
ページの先頭に戻る