« 身近な場所で始まりの「夏」を見つける | メイン | 【新作のご案内】 上村淳之画伯傘寿記念《四季花鳥図》 »

May 24, 2013

『彩美版』ってどんなもの?


いつもブログ『美術趣味』をご覧頂きましてありがとうございます。
最近、「共同印刷の『彩美版』って何?」「どんなもの?」というご質問を頂きましたので、今日はこれについてご紹介させて頂きたいと思います。

saibiban_logo_red.jpg

「彩美版」とは、最新のデジタル加工処理技術と高精度のプリント技術を駆使し、画材の質感と豊かな色調を再現するために生み出された、共同印刷のオリジナル技術「彩美版方式」を用いて制作した版画や複製画のことです。この技術を用いることにより、当社製品では原画の持つ独特の色彩や作家の筆使いといった絵の鼓動までをも表現することができます。


toujou_no_hana.JPG
でも本物でないと出せない色とか質感ってありますよね。そこで用紙など使う材料も吟味しています。必要であれば本金箔や本金泥、岩絵具など本画を描くのに使われる「本物」の画材を併用しています。最後は一枚一枚刷師の手で刷り上げられます。
同様に絵を納める額縁もデザインや材料にこだわり職人の手仕上げで作られています。もちろん国産です。「大手印刷会社の製品だから機械を使った大量生産品でしょ?」という誤解も少なくないようですが、このように材料や品質にこだわり専門技術を持った熟練スタッフが職人としての誇りを胸に一つ一つ丁寧に制作しており「工芸品」といっても過言ありません。

ume.JPG
ちなみにこうした制作技術に加えて、専門家から「まるで実際に描かれた画のようだ」と、高いご評価を頂く当社製品のクオリティを維持する上で欠かせないもの。それは、版画・複製画制作に関わるスタッフの審美眼です。企画・制作スタッフが細部まで丹念に校正を行い、原画の持つニュアンスを印刷物に表現できるよう日々努力しています。何事も最後はやはり人の目によるチェックが入ることにより、完成度の高い商品をお届けすることが出来るというものですよね。


一つ一つに私たちの想いを込めて制作している当社の版画・複製画。お気に入りの作品があればぜひ手に取って頂き、少しでも多くの方に、永くご愛用頂ければと思うところです。

KPreproductionEmboss.jpg

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1253

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   September 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
ページの先頭に戻る