« 旧川合玉堂別邸《二松庵》に行ってきました | メイン | 『彩美版』ってどんなもの? »

May 17, 2013

身近な場所で始まりの「夏」を見つける


いつもブログ『美術趣味』をご覧頂きましてありがとうございます。

立夏を迎え野山が新緑に彩られ、里では田植えも終わり蛙が鳴き始めました。だんだんと夏の気配が感じられるような季節になりましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか。

当社のある東京小石川界隈では桜の季節から今はツツジが色鮮やかに咲き乱れ、季節の移り変わりを感じさせませす。ふと足を止めると紫陽花が咲きだしていました。まだ小さいつぼみが多い紫陽花でしたがこれから咲くのが楽しみでもあります。

tsutsuji.jpgajisai1.jpg






さて今回は、額紫陽花を描いた作品、中村岳陵「八仙花(はっせんか)」をご紹介いたします。
院展を経て日展で活躍した画伯は、線描を中心とした伝統的な日本画の技法に西洋画の近代的感覚を加え斬新な画風を築いた画家でもあります。これは昭和12年頃の作品で、卓抜した線描と清明な色彩で清々しい紫陽花を描いています。
葉の上では麦藁トンボが羽を休めていて、凛とした空気を感じさせます。

gakuryo_hassenka_gaku400pix.jpg


中村岳陵《八仙花》
販売価格 126,000円(税込)

<仕様体裁>
原画 華鴒大塚美術館所蔵
技法 彩美版(R)
画寸 天地42.6cm×左右52.6cm
額寸 天地60.7cm×左右70.8cm
重量 約3.6kg
用紙 特製絹本
額縁 特製木製額、アクリル付(国産、ハンドメイド)

※ この作品は軸装もございます。
※ 「彩美版」は共同印刷の登録商標です。


【今日の谷根千】
千駄木界隈では今こんな展覧会が開かれています。
谷根千(谷中・根津・千駄木)へお越しの際は是非お立ち寄りください。


【特別展 鴎外の見た風景~東京方眼図を歩く~】

ougai.jpg
会場 文京区立森鴎外記念館
   東京都文京区千駄木1-23-4
   電話 03-3824-5511
会期 2013年4月19日(金)~6月23日(日)
開館 10:00~18:00(最終入館は17:30)
会期中の休館日:5月28日(第4火曜日)
観覧料 一般500円、中学生以下無料
アクセス 東京メトロ千代田線「千駄木」駅1番出口徒歩5分

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1251

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   March 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
ページの先頭に戻る