« 春爛漫、播磨坂の桜が満開です! | メイン | ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2013 »

April 5, 2013

リトグラフ 岩澤重夫 《山水清韻》 のご紹介

元荒川堤の桜並木花咲く元荒川堤の桜

いつもブログ『美術趣味』をご覧頂きましてありがとうございます。
当社のある東京小石川界隈では満開だった桜も大方散って若々しい緑の葉が目につくようになりました。目が覚めるように美しい新緑の季節を迎えるのも間もなくですね。
私の地元埼玉県越谷市では今が桜の見頃です。写真は北越谷の元荒川堤の桜です。この桜並木は約2kmにわたり大小およそ350本のソメイヨシノが咲き乱れちょっとした名所でもあります。


さて今回は新緑、初夏の作品の内から岩澤重夫先生の版画「山水清韻(さんすいせいいん)」をご紹介いたします。
岩澤先生は日展を舞台に活躍された日本画家で日本芸術院会員となられました。山間に住まわれていた先生はアトリエから見える山々を眺められては365日、日々変化のある景色を観察し、自分が見えている世界と見えない世界、そのすべてを少しでも一枚の絵として描きたいと語られておりました。
朝もやの中でしょうか、目に鮮やかな青々とした山間に一筋の滝が流れる静かで雄大な景色が広がります。まるで生き物のように立ち上がる霧は山全体を包みながら山に命を与え天に昇りやがて雲になりまた雨となって地上へ還り...永久に循環する自然の物語を感じさせる絵でもあります。

すこし季節が早いかもしれませんが、絵画の中の「初夏」を感じてはいかがでしょうか。


岩澤重夫_山水清韻400pix.jpg

岩澤重夫《山水清韻》
販売価格 262,500円(税込)


<仕様体裁>
限   定 100部
技   法 リトグラフ
       作者直筆サイン・落款印、限定番号入り
版数色数 24版24色
用   紙 ヴェランアルシュ
額   縁 特製木製額金箔仕上げ(国産、ハンドメイド)
画   寸 天地35.5×左右53.0cm
額   寸 天地59.3×左右77.5cm
重   量 約3.1kg
収納ケース クロス装タトウ
工   房 株式会社フジグラフィックス
発   行 共同印刷株式会社

山水清韻_タトウ.jpg

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1237

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   September 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
ページの先頭に戻る