« 小さい春一番 | メイン | ―富士山の世界遺産登録を目指して― »

March 1, 2013

クラコレ!

ブログ『美術趣味』をご覧頂きましてありがとうございます。
寒い日が続きますが、晴れた日の日差しの暖かさから、少しずつ春を感じますね。
とは言え、桜をはじめ色とりどりの花が咲くのはもう少し先、そんな時は美術館でお花を見る
のも良いかもしれません。上品な雰囲気が漂う東京都丸の内・三菱一号館美術館で素敵な展覧会が開催されています。

奇跡のクラーク・コレクション ―ルノワールとフランス絵画の傑作― 展
期間 2013年2月9日(土)から5月26日(日)まで
会場 三菱一号館美術館
    東京都千代田区丸の内2ー6ー2
    電話 03(5700)8600(ハローダイヤル)
    交通 東京メトロ千代田線「二重橋」駅(1番出口)
        JR「東京」駅(丸の内南口)またはJR「有楽町」駅(国際フォーラム口)
    開館 木・金・土10:00から20:00まで 火・水・日・祝10:00から18:00まで
        ※入館は閉館30分前まで

アメリカのクラーク美術館所蔵の貴重なコレクションが日本に初上陸とのことで、話題になっています。特に30点以上のルノワールの油彩画は世界でも非常に評価が高く、印象派愛好家の憧れの的だそうです。
もともと日本人が好むと言われる印象派、その中でもルノワールは特に愛されています。柔らかな明るい色合いが、日本の麗らかな季節を感じさせるからでしょうか。

当社でもルノワールの作品を制作しておりますので、ご紹介させて頂きます。


ルノワール_ばら400pix.jpg


ピエール=オーギュスト・ルノワール 《ばら》
販売価格 42,000円(税込)


<使用体裁>
技法 アートレリーフ(キャンバス張り)
額縁 特製木製額(ハンドメイド、国産)
画寸 53×40.9センチ(P10)
額寸 70×58センチ
重量 約3.3kg


※こちらは≪アートレリーフ≫という技法で制作したものです。
画面に特殊な加工を施し、筆のタッチ、絵具の盛り上がりが再現されています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1233

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   March 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
 
 
ページの先頭に戻る