« ゴッホ 《夕日と種蒔く人》 | メイン | 石踊達哉 「秋草」 »

September 25, 2008

東京は美術館天国だ。

企画のツネです。
 
東京は本当に美術館、博物館が多いところですが、来年以降も続々と開館ラッシュです!
 
2009年秋、根津美術館がようやく再開します。
青山のあの地に古美術の宝庫があると思うと、美術館に寄らなくても不思議と心躍るものでした。3年におよぶ休館、待ち遠しかった!
 
同じく来年秋、山種美術館も恵比寿に移転し、イメージ刷新、新装開館します。
私は仕事で山種に行く度に、新しい美術館についてお話をうかがっています。きっと素敵な美術館になることでしょう。
 
2010年には、丸の内に三菱一号館美術館が開館! 
19世紀に建てられた赤レンガビル・三菱一号館を復元し、東京・丸の内の土地の雰囲気を活かした展示空間として活用するのだそうです。(三菱地所株式会社の報道資料より)


ロゴマークは・・・おむすびみたいです。ある意味、現代っぽいでしょうか。
(『三菱一号館美術館 ロゴ』でネット検索すればご覧いただるはずです。)
 
長い名称は、しばしば勝手な略称がつけられてしまいますが、この三菱一号館美術館(これが正式名称)はどんな呼び方をされ、馴染んでいくのでしょう。
「三菱美術館」が言いやすいかな?
 
素敵な美術館が次々と東京に登場します。
刺激を受けて、既存の美術館も、いっそう展覧会の充実に、研究の精進に、尽力していくことでしょう。
 
大きな美術館には大きな美術館ならではの、小さな美術館には「山椒は小粒でも」な好企画を、期待です!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1157

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   March 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
ページの先頭に戻る