« 深呼吸できる場所 ― 日本民藝館 | メイン | 待ち遠しいどころじゃない ピカソ »

May 15, 2008

兵庫県立美術館

こんにちは、営業のクロです。
季節が逆戻りしてしまったような気温が続いてますが、
皆様お風邪などは引かれてないでしょうか。
 
ゴールデン・ウイークを挟む4月〜5月は、各地で様々な展覧会が
開催されていますね。地方にも面白そうな企画展がたくさん・・・
私は初めて訪れた兵庫県立美術館がとっても印象的でした!
兵庫県立美術館

新神戸から電車を乗り継ぎ、最寄の岩屋駅から徒歩10分弱。
着いてビックリ、オシャレな街・神戸にぴったりな、美しくモダンな外観でした。
 
中に入ると、天井が高く気持ちのいい空間が広がっていて、
開催中の「南画って何だ?!」展もゆったりと楽しむことができました。
(6/8(日)まで。月休)
 
美術館はもちろんですが、街自体がとても近代的な印象です。
新しい高層ビルに、立派な歩道・・。
 
しかし、この近辺は阪神・淡路大震災で大きな被害を受けたそうです。
 
つまり、美しい街も、兵庫県立美術館も復興の象徴ということなのですね。
きれいきれいとはしゃいでいた事を反省しました。
 
それぞれの都市の美術館に、その土地の歴史が詰まっています。
日本各地の美術館をもっと訪ねてみたい、と思ったゴールデン・ウイークでした。
 
 
兵庫県立美術館
兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1番1号
TEL:078(262)0901
http://www.artm.pref.hyogo.jp/home1.html

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1135

コメント (2)

 

兵庫県美は、わたしも好きです。震災復興の象徴…そんな背景があるとは知りませんでした。
南画展の感想も書いてください!

 

コメントをありがとうございました。兵庫県美の企画展は、毎回とても工夫されている印象です。南画展についても是非書かせて頂きたいと思います!

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   March 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
ページの先頭に戻る