« 「東山魁夷展」雑感 | メイン | メゾティントの"魔力" »

April 10, 2008

新商品はお待たせします。

こんにちは、営業のクロです。
 
あぁ、先日の豪雨により…桜が散ってしまいました。
 
当社近くの播磨坂は桜の名所です。
満開の時はこんなにきれいでした。
 
播磨坂の桜並木
皆様がお住まいの所は、いつが見頃でしょうか?

今欲しいものは、大抵すぐに手に入る時代なのですが。
桜だけはどうにもなりませんね。
 
そう思うと、美術商品も同じでは…という気がします。
  
今、テレビでCMされているお菓子が食べたい。
今、雑誌に載っている服が欲しい。

ただ、今咲いている桜の絵が欲しい。
となっても、どこにも売ってません。
今まさに、画家さんによって一生懸命描かれていますもんね。
 
新商品となるには、一年、もしくは数年待って頂かないとならない訳です。
時代に逆行した商品であると言えるのかもしれません。
 
 
その代わりと言っては何ですが。
百年前の画家が描いた、百年前の桜も楽しめるのが、美術品ならではの良さだと思います。
 
桜ランチ!

このサンドイッチも同じです。
いつでも食べられますが(食堂に売っている)、播磨坂の桜を見ながらのランチは・・
来年までのお楽しみです!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1128

コメント (2)

 

先日の『美の巨人たち』で、横山大観の桜の製作エピソードをやっていて、桜を描く絵師の執念のようなものを感じました。
http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/
こちらでも、いろいろな桜の絵が紹介されていて興味深く拝見していました。
もう桜も終わりですね。
来年も楽しみですね^^

 

コメントをありがとうございます!
洋画・日本画問わず、花は絵画の最も代表的な題材だと思います。
が、やはり「日本画」の「桜」は特別と言えるでしょうね。山で言うと「富士」のように、画家にとっての難所の一つでしょう。
その点で「執念」という言葉にとても共感しました!

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   September 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
ページの先頭に戻る