« ハートの日 | メイン | アートもエコしよう 1 »

February 15, 2008

今の美術

こんにちは、安くなるバレンタインチョコに胸が痛むクロです。
  
昨日は様々な気持ちが詰められたチョコが飛び交ったことでしょう。
もちろんバレンタインは西洋から伝わったものですが、
すっかり日本でも恒例行事となりました。
  
愛情を伝える。
チョコとともに伝える。
 
ついでに友情も日頃の感謝も伝える。
 
クリスマス同様、日本らしさをブレンドさせてバレンタインも進化します。
 
 
「融合」「折衷」は日本文化のお家芸。
それが面白い美術になって日本橋三越に。

「両洋の眼展」を鑑賞しました。
 
1990年から、新しい美術の創造を目指して始まった企画展で、
今年で第19回展となります。
 
絵画の区別なく、民族や宗教の垣根もない「今」を共有できる美術を。
その考えが基本となっているそうです。
 
 
21世紀は、ヨーロッパ文化やアメリカの文明を知った時代です。
すごい力、新しい眼。日本には、アジアにはない発想。
 

ただ、日本は一方的に見ていた訳ではない。
という事を、この展覧会を見て感じました。
 
東西南北、視線は交錯したのだと思います。
 
それが新しい思想を生み、新しい美術になったのではないでしょうか。
 
 
受容して創造して、こうなった。
今は、こういう形になった。
 
 
西洋画、日本画の枠を超えて、
まさに今の日本の、瞬間の美術を見たような印象でした。
(ただ期間が一週間と短く、17日(日)まで・・お見逃しの方は来年ぜひ!)
 
 
  
さて、「今」年・・に限って言いますと。
男性から女性にあげるバレンタインチョコが流行ったそうです。
 
だそうですよ、ツネさん!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1101

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   March 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
 
ページの先頭に戻る