« 2月発売予定の新商品 | メイン | 向井潤吉アトリエ館 訪問 »

February 6, 2008

ほろ酔い美人。

こんにちは、ホッカイロの消費量では負けないクロです。
 
2月になった。
 
というだけで、少し嬉しくなります。
空気が、白から薄いピンクになったような感じです。
 
日本人は冬が好き、という方が多いらしいですが・・
春が人一倍恋しい私から、春の新作のご紹介です!

その商品が、まさに今回のタイトルです。
 
安田靫彦【花の酔】(軸装)安田靫彦 「花の酔」 −はなのよい−
 
お花見の絵です。
ただし、この絵の中で本物の桜は花びらだけ。
 
花を鳥から守る鈴と、屏風に描かれた桜。
そして舞い散る花びらと、頬をほんのり染めた美人。
   
桜自体を描かずに、今が盛りの春を表現しています。
 
でんっと描かれた花は、それこそ華やか。
 
しかしそれとはまた違った、靫彦の満開の桜。
 
見ているだけで、暖かい春風を感じるような作品です。
歴史画の名手である靫彦。
上部に描かれた鈴は、豊臣秀吉が醍醐の花見の時に張り巡らせた
「護花鈴(ごかれい)」ではないかと考えられています。
 
ということは・・・女性はひょっとして淀君でしょうか?
 
2月半ば発売開始予定の「花の酔」、どうぞよろしくお願いいたします!
 
一足先に、春を楽しんで頂けたらと思います。


◆ 関連記事
  2月発売予定の新商品
  安田靫彦【梅花定窯瓶】
  靫彦の 赤と黒

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1095

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   March 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
 
ページの先頭に戻る