« 古川美術館 vol.3  “おもてなしの心” | メイン | 湯タンポの描き方 »

December 5, 2007

セザンヌの為に。

こんにちは。
インフルエンザの注射を打ちました、
営業のクロです。
 
風邪が流行ってますね、
みなさまは大丈夫でしょうか?
 
うがい・手洗いのおかげで、
幸い私は元気です。
 
そしてもう一つ。
医者が青くなると言われるほど風邪に効くのが・・・

りんご!
 
りんご大好きです!
八百屋で安かったりすると、クロまっしぐら。
 
おいしそう・・・

 
「以前は全く林檎が静物である位
皆林檎を描いた時代があつた。」
 
大正・昭和期の画家、小出楢重が
「静物雑考」にこう記しています。
当時の画壇では「林檎のセザンヌか、セザンヌの林檎か」
と言われていたそうです。
 
さて、作品を作り上げるのに、非常〜に時間をかけたと
言われるセザンヌ。
完成する頃にはりんごが腐っていたという逸話は有名です。

 
そんなセザンヌの為、りんごを日持ちさせる方法を
考えましたよ!
 
1. りんごを一口大に切る。
2.お鍋にりんごと砂糖(りんごの半分程の重量)を入れ、2時間放置。
3.「これでもか!」という位、生姜の千切りを加えて中火でコトコト。

 
セザンヌ・リンゴ
保存に最適、これで一安心です。
風邪の予防にもなります。
 
クロ謹製「セザンヌ・リンゴ」で、冬を乗り切りましょう!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bijutsu-shumi.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1056

コメントを投稿

※いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に
このブログのオーナーの承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。

※お問い合せについては、「お問い合せ」からアクセスしてください。
こちらのコメント欄には個人情報に関する内容は記載しないでください。

プロフィール

共同印刷株式会社SP&ソリューションセンター アート&カルチャー部では、日本画を中心とした複製画や版画の制作、販売をてがけています。制作の裏側や、美術に関係したエッセーを続々とアップしていきます。尚、このサイトの著作権は共同印刷株式会社又は依頼した執筆者に帰属します。

<   September 2017   >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 
 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 
 
ページの先頭に戻る